MARINE HEALTH

お届けしたいのは魚に秘められた海のチカラ

マルハニチロの健康食品

SQUINA

栄養成分一覧表

成分 成分について 多く含む食品
DHA
(ドコサヘキサエン酸)
マグロやカツオなどに多く含まれる多価不飽和脂肪酸です。目や脳、母乳などに多く含まれていることでも有名です。EPA(エイコサペンタエン酸)と同様、体内で合成することができないため、必須脂肪酸と呼ばれています。 マグロ、カツオ
EPA
(エイコサペンタエン酸)
イワシやサバなどの青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸です。
DHA(ドコサヘキサエン酸)と同様、体内で合成することができないため、必須脂肪酸と呼ばれています。
イワシ、サバ
Lーシスチン アミノ酸の一種で皮膚や肝臓、髪に多く含まれます。美容に欠かせない成分です。  
亜鉛 最近その重要性が指摘されているミネラルです。牡蠣などの貝類に多く含まれますが、摂取しにくい成分なので不足しがちな栄養素です。 カキ、小麦胚芽
イソフラボン ポリフェノール化合物の一種で大豆胚に多く含まれるフラボノイド類です。特に女性に人気の成分です。 大豆、豆腐、納豆
エラスチン コラーゲンと同様、真皮層に存在するたんぱく質で、弾力繊維とも呼ばれています。加齢などにより、減少していきます。  
オリゴ糖 近年その機能が注目されている、カロリーになりにくい糖質です。 やさしい甘味で健康成分としても人気です。 大豆、イモ類、穀物類
グルコサミン 軟骨に含まれるアミノ糖の一種です。健康成分としてお馴染みですが、最近は美容効果も注目されています。加齢とともにつくられにくくなってきます。  
クロム エネルギーを作るのに重要なミネラルです。近年はその重要性がますます注目されています。  
コエンザイムQ10 ほとんどの細胞に含まれているエネルギーの源です。年齢とともに減少しますが、日常生活の中ではとりにくい成分です。美容と健康のために近年注目されている成分です。  
コンドロイチン ムコ多糖類と呼ばれる粘性(ネバネバ)成分で食物繊維の仲間です。コラーゲンとともに体の組織(軟骨・皮膚など)を構成している成分ですが、年齢とともに作られにくくなっています。 フカヒレ、ナンコツ
コラーゲン からだに存在する全たんぱく質の30%はコラーゲンからなり、目や血管、骨、関節軟骨、筋肉などをつくる重要な成分です。また、肌の真皮層の70%はコラーゲンです。 魚の煮こごり
スクワレン 深海鮫の肝油から取れる成分で人間の皮脂にも含まれる成分です。皮脂膜を作る重要な成分で、美容成分・健康成分として有名です。  
セラミド セラミドは皮膚の角質細胞の水分を保持するはたらきをする
細胞間脂質という保湿成分の1つですが、加齢とともに減少していきます。
 
セレン ワカサギやサクラエビ、大豆などに多く含まれるミネラルでビタミンEと一緒にとることをお勧めします。 ワカサギ
サクラエビ、大豆
レバーやほうれん草に多く含まれていて、人では血液に多く含まれています。特に女性は不足しがちなので積極的にとることをお勧めします。 レバー、ほうれん草
ヒアルロン酸 肌の真皮層にコンドロイチンなどと一緒に存在する、ムコ多糖類(ネバネバ)成分です。美容成分として有名です。  
ビタミンA 動物性食品に含まれるレチノールと緑黄色野菜に含まれるカロチンに分類されます。 レバー、うなぎ
緑黄色野菜
ビタミンB群
*ビタミンB1
*ビタミンB2
*ビタミンB6
*ビタミンB12
*パントテン酸
*葉酸
三大栄養素の糖質、脂質、たんぱく質といったエネルギー源に関係するビタミンです。水溶性なので一度に多量に摂取しても排出されてしまいます。取りだめができないので健康維持には欠かせない栄養素です。 豚赤身肉
牛、豚レバー
カツオ、イワシなど
の青魚
アサリ等の貝類
大豆、納豆
サツマイモ
ビタミンC 水溶性ビタミンで、体内に蓄積できないことから、不足しがちなビタミンです。ストレスや運動・喫煙などによって多く消費されてしまいます。人間だけが体内で作り出すことのできない重要なビタミンです。
柑橘類、緑黄色野菜
ビタミンD 紫外線に当たると体内で作られる脂溶性ビタミンです。特にカルシウムと一緒にとることをお勧めします。 干しキクラゲ、干しシイタケ
ビタミンE 脂溶性ビタミンの1つです。トコフェロールともいい、女性のためのビタミンとも言われます。美容や健康維持にすっかり有名になっているビタミンです。 ナッツ類、植物油
ビタミンK 脂溶性ビタミンの1つです。カルシウムなどと一緒にとると効果的です。 納豆、アシタバ
ブルーベリーエキス ブルーベリーの濃い青紫色は色素成分のアントシアニンによるものです。アントシアニンは植物に固有の健康成分、ポリフェノール類のひとつです。  
マグネシウム マグネシウムは体内のカルシウムの働きをサポートし、ビタミンB群とともにエネルギー代謝にかかわっています。また、体内に存在するたくさんの酵素をコントロールしています。 海藻類、玄米、ゴマ
ムコ多糖類 体内ではたんぱく質やペプチドなどと結合して存在し、健康に深く関与しているネバネバ物質の総称です。コンドロイチンやヒアルロン酸などがよく知られています。 アンコウ、サケの頭
メグスリノキエキス カエデ科の落葉広葉樹で、江戸時代から健康維持に使用されてきました。樹皮にはタンニンが多く含まれています。  
ローヤルゼリー 花粉を食べたミツバチの体内で作られる女王蜂のためのエネルギー源です。たんぱく質、糖質、脂質をはじめ、各種ビタミン、ミネラルをバランスよく含んでいます。  
DNA
(核酸)
核酸とは細胞の中にあるDNAやRNAなどのポリヌクレオチドのことで、細胞の核内に存在するDNAを(デオキシリボ核酸)と、主に核の周りの細胞質の中にあるRNA(リボ核酸)の2種類があります。DNAは遺伝情報集積回路、RNAはDNAの情報を次世代に伝達する役割を担っています。は細胞の核内に存在し、遺伝情報をつかさどる設計図の役割を果たします。