「特別」を贈る

12月9日(土)までのご注文で送料無料・ポイント5倍

商品カテゴリーから選ぶ

  • 年末ならではの贈り物
  • 漬魚・干物・魚のおかず
  • 魚卵・スモークサーモン
  • 海の幸・海鮮丼
  • 調理品・燻煙ハム他
  • 缶詰・リサーラソーセージ他
昨年のお歳暮人気ランキング
  • 昨年のお歳暮人気ランキング
  • 海のあじわい便 今年の一押し ピックアップ

ご予算から選ぶ

ご予算が決まっているならこちらから!価格別の豊富な品揃えから、
ぴったりのギフトがきっと見つかります。

  • 3000円までの商品を探す
  • 5000円までの商品を探す
  • 7000円までの商品を探す
  • 7001円以上の商品を探す

贈る相手やシーンから選ぶ

せっかくの贈り物だから、本当に喜んでもらえるものを選びたいもの。
贈る相手やシーンに合わせて商品をおすすめいたします。

  • ご両親・ご親戚へ
  • お世話になった方へ
  • お子様のいるご家庭へ
  • 人一倍魚にこだわる方へ
  • 大人数のご家庭へ
  • お一人暮らしの方へ
  • お友達へ気軽な贈り物
  • 持参しやすい贈り物

お歳暮の基本とマナー

お歳暮の基本
「お歳暮」は季節の挨拶で、日頃のお世話になっている方に日頃の感謝を、またご無沙汰している方への挨拶も兼ねて交流を深める目的で贈ります。お歳暮を贈る時期は正式には12月中旬から下旬にかけて贈るものとされていましたが、最近は11月末頃から贈る人も多いようです。
お正月用の生鮮食料品を贈る場合は遅めに贈るのが親切ですが、受け取る方の年末の忙しさを考えれば12月20日くらいまでにお届けするのが好ましいかもしれません。
お歳暮のマナー
お歳暮を贈る先は、両親、親戚、会社の上司、お得意先様、友人、恩師、先輩など日頃お世話になっている方々が考えられます。お歳暮はそういったお世話になっている方への挨拶ですから、本来は直接相手に渡すのが原則ですが、最近はインターネットや店舗から直接贈ることがほとんどです。したがって荷物が届く頃に別で挨拶状を出しておくのがマナーです。特に生鮮食料品などを贈る場合は、受け取る方の都合などもありますので品物が届く前に挨拶状を出しておくのが気配りです。
お歳暮を贈る時期
お歳暮は季節感が重要視されます。正式には12月中旬から下旬にかけて贈るものとされていましたが、受け取る方の年末の忙しい時期を避け12月に入ってから12月20日くらいまでに贈ります。年末に贈れず年を越した場合は、「お年賀」として贈ります。松の内(関東地方1月7日、関西地方1月15日)を過ぎた場合は、2月4日の立春までに「寒中見舞い」として贈ります。
最近ではお歳暮を贈る期間が少し前倒しになっている傾向があり、現在では11月末ごろから贈る人も多いようです。
お歳暮の品選び
お歳暮は、日頃お世話になっている方に日頃の感謝を、そして挨拶を形にして表すものです。交流を深めるという意味合いも多く含んでいますので「受け取る方に喜ばれるもの」であることが大切です。季節感を持たせることも重要ですが、受け取る方の家族構成や年齢、趣味・嗜好を考慮し、毎日の生活に潤いや癒しを与えるものを贈ることが重要です。受け取る方の家族に小さなお子様がいらっしゃる場合は、子供が喜ぶような贈り物を、健康に気をつけている方には、減塩の贈り物をといったようにです。品物だけでなく贈る側の心が見えるお歳暮にしましょう。
お歳暮の「のし」について

お届けイメージ

「のし」を印刷した「海のあじわい便」オリジナル包装紙(写真参照)を全ての商品に巻いてお届けすることができます(簡易包装にご協力ください)。年末の忙しい時期を避け、12月20日くらいまでに贈るようにします。年末ギリギリになるような場合は、「お歳暮」として贈らず、新年を迎えた後「お年賀」として贈った方が良いでしょう。

※「のし」は、ご注文手続き「お届け先情報の入力」にてご指定ください。