世界の海で探し求めた、こだわりの逸品。天然本まぐろ

こだわったのは、魚。マルハニチロは、北は羅臼から南は五島列島まで、全国の漁場を訪れ、最高の素材を選び抜きました。どれも、有名産地の新鮮な魚を使ったものばかり。旬の魚の中でも、より脂ののった「旬の中の旬」の魚だけを厳選しています。
素材の良さを生かし、味付けは塩のみ。干物にすることで、素材の旨みをぎゅっと凝縮しました。
マルハニチロのこだわりの干物を、ぜひご堪能ください。

対馬産 あじ天日干し

対馬産 あじ天日干し

5月の後半から、対馬海流に乗って北上していくあじは、対馬の瀬で豊富なえさをたっぷり食べて丸々と太ります。脂がたっぷりとのった、ふくらみのあるこの時期のあじを、昔ながらの製法にこだわり、塩水に漬け天日干しにし、魚の美味しさを最大限に引き出しました。
>>続きを読む


根室産さんま開き

根室産さんま開き

さんまは8月の中旬頃から南下し始めると言われています。ただ、脂肪分は南下するにつれて、徐々に減っていきます。本品は水揚げ期間が長い北海道道東地区の中でも身までしっかり脂がまわったさんまを厳選しています。


のどぐろ

対馬産 赤むつ(のどぐろ)天日干し

「幻の高級魚」、「白身の大トロ」とも呼ばれる赤むつ(のどぐろ)。
対馬の特定海域で、延縄漁法により漁獲した旬の赤むつの中でも、300g以上の大型にこだわって仕入れています。喉ごしの良い上質な脂と柔らかな肉質は、この漁場で獲れる赤むつだけの特徴です。
この脂のりの良さには、誰もが驚くはず。
一度食べたら忘れられない旨さを、ぜひお楽しみください。

現在販売しておりません


干物で一番おいしいところ

魚は干物にすることで、旨味が凝縮するといわれています。これは水分を抜くことによって、残った固形分の旨味が凝縮されるからです。

その凝縮された旨味の中で一番おいしいところは、開き干しの中骨についた薄い膜の部分です。この膜が内部の水分を封じ込め、焼いたあとにジューシーなうまさを感じさせてくれます。ぜひ一度、意識してお召し上がり下さい。

干物の焼き方・・・・・ポイントは“網を最初に温めること”

「どうもうまく干物を焼けないなぁ」誰でも一度はそんな思いを持ったことがあるのではないでしょうか。うまく焼くには“網”がポイントです。まず網を十分に温めておき、干物をのせたら、最初に強めの火で表面を固めて膜をつくります。そして、水分を閉じ込めるようにして、弱火でじっくりと中まで火を通せば、身がひきしまった美味しい焼き加減になります。