対馬産あじ天日干し〜一番美味しい時期・場所・製法にこだわりました〜

たっぷりと脂がのった、あじの身の旨味が口いっぱいに広がる幸せ。
そんな喜びを皆様に届けたいと、マルハニチロが自信を持ってご提供するのが、対馬産の真あじです。
脂がのった最高級のあじは干物にすると、程よく水気がとび、旨味が凝縮されます。
マルハニチロでは、1枚、1枚、丁寧に愛情を持って丸干しした、極上の逸品をつくりあげました。

毎日の食卓を贅沢に。
そして、大切な人への感謝の気持ちとして、贈り物にもどうぞ。

旬の5月に獲れた、最高級・対馬産の真あじ

旬の5月に獲れた、最高級・対馬産の真あじ

真あじの水揚げ量で全国のトップに立つのは、九州の“水産王国”長崎県。主な漁場は、県本土沿岸、東シナ海の五島海峡、日本海の対馬海域などが挙げられます、この中で特に身が太り、脂がたっぷりとのった真あじが生息するのは対馬海域です。

マルハニチロでは、まさに一番の旬である初夏から夏にとれた、真あじをご提供します。長い回遊で身が締まり、たっぷりと脂を身にまとったこの時期の真あじは、こたえられない美味しさです。


こだわりの「キアジ」のみ使用

長崎県の真あじは、魚体の色調によって、「シロアジ」「クロアジ」「キアジ」という3つの呼び名で分けられていますが、対馬沿岸で漁獲される真あじは、黄色を帯びた「キアジ」。

貴重な「天然の本まぐろ」

専門家の分析では、「キアジ」がもっとも多く脂肪を含む真あじであるということが定説となっています。そして、脂肪が多い分、身に含まれる水分は少なくなり、旨味が濃くなることもわかっています。

「対馬産あじ天日干し」はこの「キアジ」を使用。しかも脂がグンとのってくる初夏から夏にかけて水揚げされるものだけを使っています。素材が良いので塩だけの味付けで仕上げました。


旨みを凝縮させる天日干し

加工地は、玄界灘に面し、真あじの水揚げ拠点の一つでもある佐賀県唐津市。干物にとって重要な工程である干し作業は、透明なアクリルの屋根で太陽光を通し、メッシュの壁で潮風を取り入れる天日ハウスで干しています。

旨みを凝縮させる天日干し

現在、干物作りは機械乾燥が主流になっていますが、太陽光線と潮風で干すと、やはりうまみの熟成度が違います。

実際、機械乾燥よりもアミノ酸の値が上がるというデータがあるほど理にかなった干し方なのです。


皮と身を一緒にとって、頬張りましょう!

皮と身を一緒にとって、頬張りましょう!

この真あじは、身のほうから焼き、皮をカリッと仕上げるのが理想的な焼き方。そして、皮と身をいっしょにとって頬張るのが、一番おいしい食べ方です。皮と身の間にジューシーな脂があるからです。

あじの旨味が口いっぱいに広がる幸せが味わえます。干物独特のしっとりとした食感とともに「あじの開き」のイメージを一変させます。