一度は口にしたい、全国から選び抜いた贅沢な干物です。

マルハニチロの干物 美味しさへのこだわり

海のあじわい便の干物は、北から南まで全国の漁場を訪れ、最高の素材を選び抜きました。どれも有名産地の新鮮な魚を使ったものばかり。旬の魚の中でも、より脂ののった「旬の中の旬」の魚だけを厳選しています。
素材の良さを生かし、魚の質にこだわったからこそ、味付けは塩のみ。
干物にすることで、素材の旨みをぎゅっと凝縮し、魚本来の旨みが存分に味わえます。
海のあじわい便のこだわりの「干物」を、ぜひご堪能ください。

天日干しの「旨さ」の理由

天日干し
太陽に当てると、魚肉に含まれるアミノ酸などの旨味成分がアップ。
また、魚特有のにおいが軽減され、プリッとした歯ごたえが生まれます。
天然塩だけで調味した魚は、黄砂などをシャットアウトする最新設備を完備した専用の天日干しハウスへ。
安全な環境の中でふんだんに太陽を浴びることで、熟成され、旨味たっぷりの干物に生まれ変わります。

買付人がおすすめする干物の焼き方

まず、冷凍された干物を冷蔵室で完全解凍してください。
十分に温めた網にのせ、中火で身の方から焼いてください。
ほぼ火が通ったら干物を返します。そして最後に皮をパリッと焼き上げたら完成です。是非、お試しください。
干物の商品一覧

いわし開き天日干し

いわし開き天日干し

毎日食べるのにちょうどいい。
ちょっとめずらしいいわしの開き。
いわしの干物と言えば、丸干しが一般的ですが、海のあじわい便のいわしの干物は食べやすい開きタイプ。テフロン加工のフライパンで焼くのにちょうどいいサイズなので、手軽に毎日の食事に青魚の栄養を取り入れられます。
原料のいわしは、たっぷり脂がのった北海道釧路産。天日干しにすることで旨味がぎゅっと凝縮され、青魚ならではの味わいがより深まりました。


さば天日干し

さば天日干し

日本近海のさまざまな漁場で水揚げされるさばの中から、経験豊富な買い付け担当者が選び抜いた三陸産のさばを天日干しに。さまざまな海域で水揚げされたさばを手早く開いて脂の入り方を目で見て、脂の質を舌で確認し、買い付け担当者が本当に「旨い」と感じたものだけを使っています。脂の旨みが凝縮されているのは身と皮の間。パリッと焼き上げた皮も一緒にお召し上がりください。


あじ天日干し

あじ天日干し

5月の後半から、対馬海流に乗って北上していくあじは、対馬の瀬で豊富なえさをたっぷり食べて丸々と太ります。脂がたっぷりとのった、ふくらみのあるこの時期のあじを、昔ながらの製法にこだわり、塩水に漬け天日干しにし、魚の美味しさを最大限に引き出しました。


さんま開き天日干し

さんま開き天日干し

宮城県女川産の脂がたっぷりとのったさんまを厳選しました。太陽のもと一枚一枚丁寧に干し上げたさんま開きは、旨みが凝縮されています。


かます天日干し

かます天日干し

ふっくらやわらかい上品な白身。冷たい北風の流れに乗るように、唐津沿岸にやってくる脂の乗った「かます」の中から大型サイズの赤かますだけを厳選しました。
焼きたては脂がジュワッとしていて食欲をそそります。


のどぐろ

赤むつ(のどぐろ)天日干し

「幻の高級魚」、「白身の大トロ」とも呼ばれる赤むつ(のどぐろ)。
対馬の特定海域で、延縄漁法により漁獲した旬の赤むつの中でも、300g以上の大型にこだわって仕入れています。喉ごしの良い上質な脂と柔らかな肉質は、この漁場で獲れる赤むつだけの特徴です。
この脂のりの良さには、誰もが驚くはず。
一度食べたら忘れられない旨さを、ぜひお楽しみください。

現在販売しておりません