魚のご馳走、こだわりの漬け魚。


マルハニチロの漬魚 漬魚の美味しい焼き方

下準備

1切れずつの個包装になっておりますので、召し上がる分だけを冷蔵庫内または流水で解凍してください。
マルハニチロの漬魚は表面にほんのりと粕や西京味噌がついているだけですので、粕や西京味噌を拭う必要はございません。
気になる場合は、キッチンペーパー等で軽く拭き取ってください

魚焼きグリルの場合

皮目から弱火で5〜6分ほど焼き、軽く焼き目が付いたら裏返し、もう片面を3〜5分を目安に焼いてください。
焦げやすいので、弱火でじっくり焼くのがポイントです。
焦げ付きが心配な場合は、アルミホイルをかけたり、アルミホイルで包んで焼くのがおすすめです。

焼き時間は目安ですので、ご家庭のグリルや魚の大きさによって調節して下さい。

フライパンの場合

油は使わず、冷たいままのフライパンに魚を入れ、弱火で焼いてください。
テフロン加工が施されていないフライパンの場合は、クッキングシートを敷いて焼くのがおすすめです。
皿に盛り付けるとき、上になる面から焼き始め、軽く焼き目がついたら返してもう片面を焼きます。

両面が焼けたら、最後に箸で魚を立て、皮をフライパンに押しつけるようにして焦げ目をつけます。


<< 美味しさへのこだわり