マルハニチロの通信販売 マルハニチロダイレクト

MARUHA NICHIRO

日々のくらしを大切にしたい。あなたの思いに応えます。

ログイン状態を読込中

マルハニチロだからお届けできる
海のめぐみのスキンケア
AQUINA スクウィナシリーズ

Q&A

化粧品全般、SQUINA商品に関するご質問にお答えします。
Q&Aで情報が得られなかった場合には、お手数ですがマルハニチロダイレクトお客様センターまでお問い合わせください。

成分について

スクワレンとスクワランはどう違うのですか?

SQUINAで使用しているスクワランは「深海ザメエキス」スクワレンの分子構造を安定させ、お肌への安全性を高めたオイルです。スクワランは化粧品に使われるさまざまなオイルの中でも、とびぬけて安定性が高く、酸化・変質しにくい性質を持っています。ビューティオイルのスクワランは、お肌を乾燥や紫外線から守る皮脂膜の重要成分と同質のオイルです。

SQUINAシリーズには主にどんな成分が使われているのですか?

SQUINAのスキンケアシリーズは、ヒトのお肌がもともと持つうるおい成分(生体保湿成分)を中心に配合しています。お肌のうるおいは水分と油分のバランスで成り立っていますので、スキンケアには水分による保湿=「モイスチャー効果」と油分による保湿=「エモリエント効果」の両方が必要です。SQUINAでは水分補給はコラーゲン、コンドロイチン、ヒアルロン酸などの水溶性の保湿成分から、油分補給は皮脂膜の重要成分と同質のスクワランからが一番理想的と考えています。

同じ「天然スクワラン100%」でも、ベタつきやのびに差があるような気がするのですが。純度は同じ100%なのになぜ?

「天然スクワラン100%」は「原料に天然のスクワランのみを使用している」という意味で使用されているのではないでしょうか。しかし実際の「純度」は商品によってだいぶ違いがあり、不純物をきちんと取り除ききれていないスクワランもあるようです。純度が低いスクワランは、時間がたつにつれ、不純物が変質、酸化するため臭いが出てきます。また、どろっとした感触でお肌への馴染みも悪く、肌を刺激する原因となります。SQUINAのビューティオイルは、厳選した深海ザメの肝油を精製、いくつもの行程を経て精製を繰り返し、徹底的に不純物を取り除き、純度の高いスクワランを使用しています。また、お肌にそのまま必要な成分を安全にお届けする為に、保存料を始め、香料や着色料等の添加物は一切含まれておりません。ビューティオイルをはじめてご利用になったお客さまはそのなじみの良さ、サラッとした感触に「これがオイル?」と驚かれる方が多いのですが、純度が高いスクワランほど、伸びがよく、すばやくお肌になじみ、臭いもありません。

ビューティソープにはどんな成分が入っているのですか?

スクワラン、ヒアルロン酸などのお肌にもともと存在する生体保湿成分を使用しております。洗顔後のお肌がつっぱらないとご好評をいただいております。ほんのりしたやさしい香りは原料由来のもので無香料・無着色となっております。赤ちゃんやデリケートなお肌の方にもご利用いただけます。

ご使用方法、お手入れ方法について

敏感肌でも、SQUINAシリーズは使えますか?

SQUINAは全品アルコール(エタノール)、鉱物油、香料、着色料無配合、お肌に刺激となる可能性のある成分はできる限りカットしておりますので、敏感肌の方にも安心してご使用いただけます。(ただ現在、医師による治療を受けている方は医師の診断を参考にされた上で、また健やかなお肌でもホルモンバランスの乱れから、一時的に敏感になることもありますので生理前1〜2週間はご注意ください。)SQUINAのスキンケアトライアルセットは1週間〜10日分です。まずはトライアルセットからはじめてみてはいかがでしょうか。

すべての商品は目や口の周りにも使えますか?

SQUINAのスキンケアシリーズはすべてアルコール(エタノール)フリーです。ベーシックケアおよびスペシャルケアも、デリケートな目や口の周りに安心してもお使いいただけます。

ビューティオイルの1回の使用量はどのくらいですか?

基本は朝晩のお顔のスキンケアで、ノーマル肌の方でしたら1プッシュ程度が目安です。皮脂の分泌が活発な春から夏やオイリー肌の方は少なめに、乾燥が気になる秋から冬などは少し多めにというように、季節やご自身のお肌の状態によって量を加減してください。少量でよく伸びますので、始めは1〜2滴と少量から、足りないと感じたら少しずつ量を増やしていくのが良いでしょう。オイルマッサージやボディにご利用の場合は、お顔よりも少し多めになります。ご利用方法によって量を調節してください。

ビューティオイルをお肌につけると日焼けしてしまいそう、またべたつきそうで心配です。

ビューティオイルに使用しているスクワランは、市販のサンオイルと異なりますので、日焼けを促進することはありません。むしろ、スクワランにはお肌を紫外線によるダメージを受けにくい状態に保ち、紫外線のダメージを受けてしまったデリケートな状態のお肌のすみやかな回復を助けます。安心してお肌に必要なだけご利用ください。また、ビューティオイルをはじめてご利用になったお客様はそのなじみの良さ、サラッとした感触に「これがオイル?」と驚かれる方が多いようです。高品質で純度が高いものほど、少量でもよく伸び、すばやくお肌になじみ、臭いもありません。ご使用に際しては、季節や使い方によって量を加減していただくようにお願いしております。始めは1〜2滴程度、足りないと感じたら、少しずつ量を増やしていくのが良いでしょう。また、春から夏にかけての皮脂分泌量が多くなる時期は、モイスチャーローションを手にとり、その中にビューティオイル少量を落として軽く混ぜ、パシャパシャとお肌にパッティングするようにすると、気持ちよくご利用いただけます。ぜひお試しください。

なぜ、ダブル洗顔が必要なのですか?

ダブル洗顔とは、メイクはブライトクレンジングオイルでしっかり落とし、その後のお肌の汚れをクレンジングホイップ、ソープで洗顔することをいいます。一日中メイクをしているお肌は、ファンデーションやメイクアップ商品に含まれる油分が皮脂やホコリと混じりあって、1回の洗顔では落ちにくくなっています。メイクの油性の汚れは油性のクレンジングで落とし、洗顔料で肌に残った油分やその他の汚れを洗い流しましょう。お肌に汚れが残っているとくすみや肌荒れの原因にもなりますので、SQUINAではダブル洗顔をお勧めしています。

ブライトクレンジングオイルの後はクレンジングホイップとソープではどちらが良いですか?

ソープには、洗顔によってお肌が失う皮脂を補うために必要な保湿成分を配合しておりますが、クレンジングホイップには、よりお肌にうるおいを与えるための保湿成分を配合しております。ソープは「さっぱり」、クレンジングホイップは「しっとり」とした感じです。お好みの使用感、季節やお肌の状態によってお選びください。

洗顔はよくこすったほうが、汚れが落ちるような気がするのですが・・・。

ゴシゴシこすることはお肌にとっては刺激になり、場合によってはお肌を傷つけてしまうこともあります。お肌はとてもデリケートですので、洗顔の際は、ソープやクレンジングホイップをよく泡立て、泡で包み込むように洗うのがポイントです。

ブライトクレンジングオイルはボディにも使えますか?

夏はボディの日焼け止め落としとしても活躍します。最近の日焼け止めは透明タイプのものが多く、落とすのをうっかり忘れてしまうことも。濡らしたお肌の上にコロコロした水滴が残っているようなら、日焼け止めが水をはじいている証拠ですので、ブライトクレンジングオイルで洗い流しましょう。日焼け後の肌には水分をたっぷり与えた後、ビューティオイルをなじませて。ほてりや乾燥をやさしく保護します。

ビューティソープは顔用ですか?ボディ用ですか?

SQUINAのビューティソープはお顔もボディもどちらも洗っていただける商品です。手のひら若しくはSQUINA泡立てネットまたは市販の泡立てネット等で弾力のあるキメ細かな泡をつくり、やさしくお肌の上をころがすようにして洗ってください。

夏やリゾートで日焼けをした時のお手入れを教えてください。

日焼けをしたお肌には、まず水や濡れタオルで冷やしてほてりを落ち着かせ、たっぷりと化粧水で水分補給して、お肌を整えるお手入れから始めましょう。モイスチャーローションをコットンやシートマスクなどに含ませてお肌にのせ、ほてりを落ち着かせたら、ビューティオイルをご利用ください。ビューティオイルはお肌のなじみがよく、刺激もないため、お顔だけでなく、ボディの日焼けのケアにもおすすめです。赤みやほてりが落ち着いてから、パック、マッサージのお手入れを取り入れてください。

薬用ホワイトニングエッセンスの使い方を教えてください。

朝晩とも、洗顔後、モイスチャーローションでお肌を整えた後、シミ、ソバカスの気になる部分、またはお肌全体にうすく伸ばします。目の周りにもご利用いただけます。その後、ビューティオイルや薬用ホワイトラン、薬用UVホワイトニングベース30(日焼け止め)をご利用ください。また、商品の淡い橙色は、植物エキスの色です。一般にビタミンC配合のものは、商品によっては日焼け後のデリケートな肌には刺激が強すぎたり、お肌につっぱり感を感じるものもありますが、SQUINAの薬用ホワイトニングエッセンスは、美白成分や炎症を鎮める成分に加え、お肌にうるおいを与える保湿成分も配合しておりますので、季節を問わずご利用いただけます。また、配合成分が大変デリケートなため、日中高温になる室内や直射日光の当たるところでの保管は避けてください。

薬用ホワイトニングエッセンスは春・夏だけでも良いですか?

秋は一見過ごしやすく思えても、意外と紫外線が強く、空気も乾き、夏の日焼けによるトラブルが出てくる季節です。また、紫外線は強さに差こそあれ、一年中降り注いでいます。一年中意識してホワイトニングすることをおすすめします。薬用ホワイトニングエッセンスには美白効果のほかに、保湿成分もたっぷりです。ホワイトニング商品は刺激が強かったり、お肌がつっぱるような感じの商品もありますが、薬用ホワイトニングエッセンスはトロッとした伸びのよい美容液で、ベタつきもありませんので、年間を通してご愛用いただいているお客様がたくさんいらっしゃいます。

SQUINAのヘアトリートメントですが、リンスとはどう違うのですか?

髪表面をコートし、ブラシの通りをよくするだけのリンスとは異なり、トリートメントは髪の内部に栄養成分をじっくり浸透させるのでダメージヘアのケアに最適です。SQUINAのヘアトリートメントは保湿効果の高い栄養成分が髪1本1本に浸透し、ツヤ、コシのあるダメージに負けない髪に整えます。毎日ご利用ください。

ヘアトリートメントは毛先と地肌と、どちらにつけるのが効果的ですか?また、ビューティオイルもヘアケアに使えますか?

頭皮に近い根元の髪は毛先に比べて健康ですので、トリートメントは傷みの激しい毛先を中心につたほうが良いでしょう。ダメージのひどい場合はホットタオルでくるんで時間を置いて洗い流すと効果的です。またビューティオイルでのヘアパックもおすすめしております。

パーマやヘアカラーによるダメージヘアのお手入れ方法を教えてください。

シャンプー後、ヘアトリートメントやビューティオイルをダメージのひどい毛先を中心になじませた後、蒸しタオルでくるんでキャップをかぶって10分間ぐらいそのままに。洗い流したときのツヤ・コシが違います。ぜひお試しください。

保存方法、使用期限、品質について

SQUINAシリーズはどうやって保管・保存すれば良いでしょうか?

冷蔵庫での保管は必要ありません。出し入れすることで、かえってその温度差が品質の劣化につながります。直射日光や日中高温になる室内、お風呂場などの湿気の多いところ、風通しの悪いところを避け、ご使用後はふたをきちんと閉めてください。また、各アイテムの使用の目安に従い、早めに使い切ることをおすすめします。

ビューティオイルを保管するときに注意することはありますか?

ビューティオイルはスクワランのみで、保存料や防腐剤などは一切配合しておりません。雑菌が入らないように、ご使用の際はノズルに手が触れないようにご注意ください。またご使用後はキャップをきちんと閉め、なるべく早めに使い切ってください。ビューティオイルは、冷蔵庫などで保管する必要はありませんが、強い直射日光や極端に温度差のあるところでの保管は避けてください。

ビューティオイルは、酸化が心配です。

ビューティオイルに使用しているスクワランは、スクワレンに水素添加させ、分子構造を安定させた、お肌に安全性の高いオイルです。現在化粧品の原料にはさまざまな油性成分が使用されていますが、スクワランはそれらと比較しても、より安定性が高く、酸化、変質しにくい性質をもっています。SQUINAでは厳選した深海ザメの肝油を精製、独自の技術でいくつもの行程を経て精製を繰り返し、不純物を取り除いた、高純度のものをビューティオイルに使用しています。

使用期限はどのくらいですか?

お手元に届いてから、未開封で2年が目安ですが、開封後は各アイテムの使用の目安に従い、早めに使い切ることをおすすめします。

その他

医薬部外品と化粧品は、どう違うのでしょうか?

SQUINAシリーズでは、薬用ホワイトニングエッセンス、薬用リペアエッセンス、薬用ヴァイタルジェルマスク、薬用UVホワイトニングベース30、薬用ホワイトランの5品が医薬部外品です。医薬部外品は「薬用化粧品」とも呼ばれています。医薬部外品はシミやニキビなど一定のトラブルに対し、効果・効能をあらわす有効成分が配合されています。薬と違い、効果は穏やかですが、化粧品よりも効果・効能がわかりやすく表示されています。

シミと日焼けの関係について教えてください。

日焼けをしたお肌の内部では、メラノサイトという細胞がシミのもと(メラニン)をどんどんつくりだします。通常、このつくりだされたメラニンは、お肌のターンオーバーによって次第にお肌表面に押し上げられ、やがてはアカとなって剥がれ落ちていきます。しかし、加齢や不規則な食生活、ストレスなどが原因でお肌に栄養が十分にいきわたらなくなるとターンオーバーを滞らせる要因となり、いつまでもメラニンがお肌の内部でとどまることになります。これがシミのできる一因といわれています。

加齢とともに髪がダメージを受けやすく、髪質も変わった気がします。

お肌の曲がり角は25歳、髪の曲がり角は30歳からといわれています。また髪に隠れて見えないのですが、頭皮もお肌と同じように加齢していくため、髪にクセがでてきたり、細くなってコシがなくなってくることが多いようです。髪はいったんダメージをうけたら、自分で再生する力はないので、外からケアしてあげる必要があります。

SQUINAシリーズにはなぜ詰め替え用がないのですか?

SQUINAは商品の品質を保つための最低限の保存料しか使用しておりませんので、安全上の問題から、詰め替え用は製造しておりません。実際、化粧水などを使用する場合に「ビンの口に手を触れる」「出すぎたからといって戻してしまう」「ふたを閉め忘れた、緩んでいた」など思い当たることはないでしょうか。そのときに細菌が入り、中身が腐敗する場合があります。また細菌が繁殖しているビンに、中身を使い切ったからといって新しいものをいれたら、それは腐敗してしまいます。商品の安全性を確保するために詰め替え用は製造せず、厳しい衛生管理のもとボトリングされたものをお届けしています。